ピックアップ記事:『ワンピース』の謎と驚き!ネタバレ5選:ジョイボーイからビンクスの酒まで、興奮の情報満載!

日本の「Kami」(神)とアニメへの影響力を解説します

日本の「Kami」(神)とアニメへの影響力を解説します

日本の神話は、アニメやマンガに大きく影響を及ぼしています。ここでは、「Kami」とアニメにおけるその影響力の内訳を紹介します。

アニメは、日本の神話や民間伝承への言及に満ちています。いたずら好きな妖怪から、亡くなった人の霊を送る役割をする存在まで、アニメの中で、日本文化に浸透している多くの伝説への言及を見つけるのに、そう時間はかかりません。
その代表的なものが「Kami」です。『千と千尋の神隠し』や『犬夜叉』のような作品では、この強力な存在が登場しますが、その正体についてはほとんど説明されていません。

Kamiという言葉はしばしば神(god)と訳されますが、日本では霊や神的存在を指すこともあります。この言葉の語源は学者の間でしばしば議論されている事と、「神性」(deity)または「神」という訳が完全に正しいとは言えませんが、この言葉を構成する日中漢字は「神」という中国漢字から来ているため、「神」という訳が最も一般的なものの一つである事は、注意しておく必要があります。
多くの学者は、この言葉は単に「霊」(spirit)を意味すると考えています。また、アイヌ語(北海道の少数民族が話す絶滅危惧言語)では、「カムイ」(kamuy)という言葉がありますが、これは「すべてのものに何らかの霊魂が宿っている」というアニミズム的な概念で、似たような意味を持っています。
一般的に言って、Kamiという、この言葉は非常に曖昧で、直訳することは困難です。

神に関する最古の文献は、共通紀元㊟712年頃に書かれた「古事記」と共通紀元720年頃に書かれた「日本書紀」に遡ることができます。しかし、神への信仰はもっと古いと考えられています。ただし神道の創立時の記録は残っていません。この2つの書物は、神道の創世神話を最も早く伝えています。また、古代の信仰では、神には5つの定義的特徴があるとされていました。
㊟共通紀元はCommon Era(略:CE)の事で19世紀以降において、非キリスト教徒との関係から、ADの代わりに、切り替える動きが広まっている(wikiより)
1つ目は、2つの魂を持つため、愛と優しさを持つこともあれば、破壊と復讐に走ることもあり、彼らを鎮め、満足させるために供物を作らなければならないこと。2つ目は、ほとんどの人間には見えず、自然界や様々な現象内、『犬夜叉』のかごめ一家が仕えている神社のような神聖な場所にのみ生息し、儀式の最中にも存在することがあるということです。
3つ目は、ある1つの神を祀る神社が数多く存在するため、永遠に1つの場所に留まることはないということです。

4つ目の特徴は、神の種類が多いことで、古事記では300種類にも及ぶとされています。最後に、神は周囲の人々や環境に対して何らかの義務があり、保護したり、作物が育つようにするなど、何らかの形でそれらの人々や場所に奉仕しなければならないという事です。彼らはまた、加護や呪いを与えたりもします。

古事記によれば、最初の神は「別天神」(ことあまつかみ)と呼ばれる集団です。宇宙が誕生したとき、高天原(たかまがはら)と呼ばれる天上国で誕生しました。最初は3人の神様がいました。最初はアマノミナカヌシ、タカミムスヒ、カミムスヒの3人でした。やがて、さらに多くの神が生まれ、あるいは召喚され、7世代になりました。その最後の神が、イザナミノミコトとイザナギノミコトの兄妹です。

この時、二人は地上に陸を作ることを命じられ、共に地上に降り立ちました。アメノヌホコという宝玉をつけた槍で水をかき回し、そこから落ちた雫で最初の島、「おのころ島」を作りました。その後、イザナミとイザナギがおのころ島へ降臨し、最初の婚姻の儀式に参加しました。
天浮橋(あめのうきはし)と呼ばれる柱の周りを二人で回り、向こう側で出会い、イザナミが先に言葉を発します。そして二人は交わり、恵比寿神(別名:蛭子神)と淡島神が生まれました。しかし、この二人は奇形とされ、船で海に流されました。

他の神々に相談したところ、自分達が行った儀式がうまくいかなかったことを知った兄妹は、今度はイザナギが先に話して儀式をやり直し、成功させることができました。その結果、イザナミは十六の島と多くの小神を「産む」ことになりました。しかし、彼女は火の神であるカグツチを産んだ後、死んでしまいます。そのため、イザナギは彼女を生者の世界に連れ戻そうとしますが、結果的に黄泉の国に置き去りにしてしまいます。

神は、他の神が産んだり創ったりしたものだけではありません。人間の霊も神になることができますが、それは非常に特殊な状況下でのことです。文明に対して大きな貢献をした人や、神の資質を体現している人は、神の仲間入りをする可能性があるのです。先祖の霊を祀る「祖霊」は、日本の多くの家庭で一般的です。また、日本の皇室は天照大神の子孫であると信じられています。
『かみちゅ!』や『神様はじめました』のような、生きている人間が神になるケースもあります–ただし、そこまで極端ではない–。これには、存命中の天皇陛下も含まれます。

妖怪のような超自然的な存在も、神になることができます。逆に、神が崇拝されずにいると妖怪になる可能性もあります。神の地位は、人間の信仰と崇拝に依存しているのです。この区別は、これらの霊が人間を助けるか害するか、そして人間がどのように関係し、彼らをどう見ているかに応じてなされます。ある地域の人はある霊を神と見なす一方、別の地域の人はそれを妖怪と見なすことができるという事です。

 



観たいアニメはここにある!アニメの視聴にU-NEXTがオススメの理由
Amebaマンガの最大の特徴とは?―漫画を楽しむならAmebaマンガ一択の理由を徹底解説!―
【ゲオ宅配レンタル】自宅に居ながらスマホでレンタル【コスパ抜群】
【オタク同士で結婚】アニメ・漫画好きを繋ぐ「ヲタ婚」でピッタリのパートナーを見つけませんか?

日本アニメカテゴリの最新記事