ピックアップ記事:『ワンピース』の謎と驚き!ネタバレ5選:ジョイボーイからビンクスの酒まで、興奮の情報満載!

『呪術廻戦』の女性キャラクターが最高だと思う理由

『呪術廻戦』の女性キャラクターが最高だと思う理由

ここ数年、アニメ界を支配してきた番組は何かと聞かれれば、『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』を挙げる人が多いのではないでしょうか。

『呪術廻戦』は、比較的「新しい番組」でありながら、前例のないほどの宣伝と賞賛を受け、私たちを驚かせました。

『呪術廻戦』の人気は、欧米の視聴者だけが経験しているものではなく、日本でも同じように大きな盛り上がりを見せています。

これと同じような(あるいはそれ以上の)盛り上がりを見せているのは、『チェンソーマン』で、早く見たいものです。

映画『呪術廻戦0』の公開では、『無限列車』での鬼滅の刃の驚異的な成功に次いで、日本で2番目に高い興行収入となりました。

この作品がその宣伝と評価に値するかどうかについては、多くのことが語られていますが、その成功は否定できないものです。

表面的には、このシリーズは必ずしも典型的な少年アニメの枠組みを根本的に刷新するようなことはあまりしていません。

このシリーズはしばしば、その見事なアニメーション、戦闘シーン、そして素晴らしいサウンドトラックで賞賛されます。

また、『呪術廻戦』のキャラクターは多層的で複雑に描かれており、それが視聴者を惹きつけ、物語に没頭させることができる重要な理由の一つだと私は考えています。

特に、五条悟は魅力的なキャラクターであり、さまざまな理由ですぐにファンのお気に入りになりました。

五条の登場シーンは、何層にも重なった深みと複雑さがあり、彼の考えや哲学をより深く理解したいと思わせてくれます。

主人公の虎杖悠仁でさえ、最初は比較的単純な少年漫画の主人公に見えるかもしれませんが、彼でさえも深い価値観とトラウマに突き動かされているのです。

しかし、『呪術廻戦』を2度目に観たとき、私は登場人物の描き方を評価する上で、別の側面を評価するようになりました。

つまり、登場する女性キャラクターがいかによく描かれているかということです。

ただし、他のアニメに女性キャラの描き分けがないとは言いません。

ただ、私が期待していたよりも稀な存在であることは確かですが、私は時代が変わりつつあるとうれしく思っています。

『呪術廻戦』は、女性キャラクターが典型的なジェンダー条件を満たさなくても、観客を惹きつけることができるという点で、完璧に的を射ているように思います。

それでは、『呪術廻戦』がアニメにおける女性キャラクターの書き方で優れている点をいくつか挙げてみましょう。

 

 

独立性

従来、アニメの女性キャラクターは、かわいい、きれい、または男性主人公の恋愛対象として描かれてきました。

また、よりサポート的な役割を果たす場合もありますが、それでも輝くためには主人公の男性が必要です。

『呪術廻戦』の女性キャラクターでユニークなのは、釘崎野薔薇のように、初回から完全に独立したキャラクターとして登場し、それがシーズンを通して継続されることです。

彼女の性格は興味深く、魅力的で、自分の目標を達成するために男性の「ヒーロー」を求めているような様子はありません。

禪院真希は、独立性の2番目の例です。

彼女は非常に意志が強く、技術があり、周りの人が設定した基準に対抗する人です。

彼女の背景を見ると、呪術師のスキルがないため、一族が定めた役割に甘んじることを嫌ったことがわかります。

 

 

関係性

また、『呪術廻戦』の女性キャラクターには、興味深い背景があり、観客は彼らの動機や哲学をより深く理解することができます。

さらに、彼女たちに共感し、それぞれの物語に感情移入することができるのです。

例えば、釘崎野薔薇を見てみると、彼女は田舎で質素な暮らしをしていて、経済的な理由から呪術師になることを決意。

伝統的に、日本の文化では、女性は経済的に自立することを期待されておらず、経済的自由を追求することは推奨されていませんでした。

しかし、釘崎の物語は、世界中の女性にとって、経済的自立を追求することが性別によって制限されるものではないことを示すものです。

禪院真希は、もう一人の物語の代表者です。

家族の希望や期待に反して、道を追求する選択をしました。

普通の呪術師になるための天賦の才に恵まれませんでしたが、あきらめず、自分に自信を持ちます。

家族の反対を押し切ってでも、自分を信じ、情熱を燃やすという難しい選択をする姿は、男女問わず共感できるものです。

真希や野薔薇のような、困難な道を選んだキャラクターを心から尊敬します。

私たちにインスピレーションを与えてくれるでしょう。

 

 

強さ

『呪術廻戦』は、この女性キャラクターたちの戦いの場でも輝きを放っています。

彼女たちは敵にとって手強い存在であることが証明されていて、勝利を得るために相手の助けをすぐに求めたり要求したりすることはありません。

禪院真希は、特に見事な戦闘シーンで際立っています。

シリーズで最も印象的な戦いのひとつは、禪院真希が霞と戦う場面。彼女は信じられないほどの強さを発揮し、努力と決意によって、生まれつきの呪術の能力の欠如を克服することができるのです。

釘崎野薔薇もまた、いくつかの堅実な戦いでフィーチャーされています。

しかし、彼女の戦い方は、肉体的な強さよりもむしろ、態度や戦略に大きく依存しています。

このことは、肉体的な強さだけが人を強くするのではない、正しく使えば心も同様に恐ろしい存在になりうるという考えを強めています。

真依と霞もまた、ファイターとして確かな能力を持ち、敵の単なる餌として使われることはほとんどないことが示されています。

 

 

キャラクター

釘崎野薔薇と『NARUTO-ナルト-』の春野サクラとの間には、多くの類似点と比較点が指摘されています。

釘崎はサクラの「あるべき姿」だとも言われています。

多くは、釘崎がより独立性を示し、多面的な性格を持ち、男性キャラクターを助けたり恋愛対象として頼りにしていないことに由来しています。

野薔薇は、自分のモラルや価値観に忠実で、表面的なものを好まないキャラクターです。

彼女は感情から自分を切り離し、目の前の大きな絵と使命に心を集中させることができます。

馴染むことや受け入れられることを気にしていないようで、彼女は自分自身であり、シーズンを通してそうであり続けます。

そのため、より魅力的で、クールで、応援したくなるような女性です。

また、禪院真希は独立心が強く、困難や過小評価されることが原動力になっています。

彼女は、ネガティブなことを自分のモチベーションに変えることができ、さらに頑張ることができるのです。

彼女はやや生意気で自信家ですが、それでいいのです。

何しろ、彼女はそれを裏付けることができるのですから。

真依は、自分の感情や苦味をうまくコントロールすることはできませんが、それでも魅力的なキャラクターです。

 

 

まとめ

全体として、私は『呪術廻戦』が、素晴らしいアニメのキャラクターを作るのに、性別や伝統的な境界線はほとんど関係ないことを見事に示してくれたことを、とても嬉しく思っているのです。

この番組の男性キャラクターと女性キャラクターは、どちらも見事に描かれています。

女性キャラクターは、とても自然で、決して押し付けがましくありません。

個人的には、野薔薇はすぐに『呪術廻戦』のトップ3に入るキャラクターになりましたし、このシリーズでは女性キャラクターによくあるステレオタイプが避けられているのが嬉しかったです。

呪術廻戦は、映像、音声、そして素晴らしいストーリーテリングなど、様々な面で完璧な作品です。

第2シーズンが待ち遠しいです。

 

 

関連記事:『呪術廻戦』第2期、なぜ新監督に? 知っておきたいこと 



観たいアニメはここにある!アニメの視聴にU-NEXTがオススメの理由
Amebaマンガの最大の特徴とは?―漫画を楽しむならAmebaマンガ一択の理由を徹底解説!―
【ゲオ宅配レンタル】自宅に居ながらスマホでレンタル【コスパ抜群】
【オタク同士で結婚】アニメ・漫画好きを繋ぐ「ヲタ婚」でピッタリのパートナーを見つけませんか?

呪術廻戦カテゴリの最新記事